«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 342 | 343 | 344 || Next»
カテゴリー: General
☆第45回全国研究大会発表の申込が始まっています。締め切りは2月28日(月)
です。
発表申込の詳細: http://www.kanto.j-let.org/modules/tinycontent23/index.php?id=2
発表申込: http://www.kanto.j-let.org/modules/tinycontent23/index.php?id=3
カテゴリー: General
基礎理論部会:
第7回研究会 1月30日(日) 関西学院大学上ヶ原キャンパス
第8回研究会 2月27日(日) 関西学院大学梅田キャンパス
第9回研究会 3月(日程未定) 関西学院大学梅田キャンパス
http://www.let-kansai.org/bukai-kiso.html

» 続きを読む

カテゴリー: General
FLEAT Vの説明:
(LET)http://www.j-let.org/modules/tinycontent3/index.php?id=1
(IALLT)http://ce.byu.edu/cw/fleat5/
FELAT V発表申込:http://www.j-let.org/modules/tinycontent3/index.php?id=2

注:LET会員の発表申込はLETで取りまとめます。必ずLETのホームページから申
し込んでください。
カテゴリー: General
==========================
大学(英語)教員養成課程設立、あるいは改善への提案:
保崎則雄(早稲田大学人間科学部)nhozaki@waseda.jp
==========================

幼児、初等、中等教員は、養成課程を経て、採用されるのが常であるが、大学社
会は、どうも異なった人たちが支配しているようである。冷静に考えれば、教員
資格のない大学教員というのをおかしいと感じないこと自体がおかしい、と思う。
今まで、あるいは現在でも、大学教員は、研究者だから、資格は研究業績があれ
ばよい、という考え方が大学社会のみならず、一般社会にも広く行き渡っていた。
業績のある研究者なら、大学の先生として相応しいという判断なのであろう。一
面説得力があり、正当化される。

» 続きを読む

カテゴリー: The Treasure Hunt Club
Marcel Van Amelsvoort
(Kanagawa Prefectural College of Foreign Studies)
===========================□■
Hello. My name is Marcel and I’m a member of the Kanto Chapter. I guess
many of you like net-surfing and love to use some the web sites or
information you find to brighten up your classes. Some of you may even
be using web sites as the main material for your lessons. But searching
for good sites and good information is a time-consuming job. I hope this
treasure-hunting column series will help us all to share some useful
information, useful sites, and interesting and effective techniques for
using them. For the first few columns, I’ll share with you some of the
things I have found useful. I would also like to encourage readers to
send in their own bits of web and teaching “treasure” to make it
available for everyone. My first column is about content and places to
find content when you have a pretty good idea of what you are looking
for. For those of you who want to jump right into using rich multimedia
content, this column will look at ways of finding such content and
putting it to use.

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 342 | 343 | 344 || Next»